海外で生活するようになってから当たり前に使っていた日本のキッチン家電の快適さを実感したのがこれ、日本ではお馴染みの「横型トースター」。

ずっと欲しかった日本スタイルのトースター

何をそんな興奮気味に?と思われる方もいらっしゃるかと思うので少し説明を・・・。

こちらヨーロッパでは、トースターと言えば、縦型のパンが焼けたらポンッと跳ね上がるタイプのものが主流です。

どの家庭でもこんな形のトースター

見た目はかわいいのですが、日本の横型トースターで慣れていたいた私にはオープンサンドが焼けなくて使いにくいな・・・と思っていたんです。

食パンにトマトソース&チーズを振りかけてPizza風トーストにしたり、お惣菜パンを温めたり、アルミホイルを使った料理でホイル焼きが作れたり、1人分用の調理が簡単かつ早くできるのが横型トースターのいいところ。

こちらでは各家庭のキッチンにオーブンが設置されているのは当たり前で、どの家も基本的に大きいオーブンを使います。

スポンサーリンク

が、大家族でもなく私1人分のランチを用意するためだけにオーブンを使うのは、エネルギーの無駄遣いをしているような気がして後ろめたい。。たった一切れの食パンをPizza風トーストにするためだけに、オーブンを予熱して・・・は、ちょっと気が引けます。

事あるごとに私がその話しをするので、もちろん夫も横型トースターの便利さは理解済み。

何回か購入を試みようとしたんですが、家電店では取扱っていなかったり、オーブンの一種で小ぶりではあるけれどもトースターとしてはかなり大型だったり、Amazonなどのオンラインでは製品の内装など詳しいところまでは見て確認できず・・・など、購入に至れませんでした。

そんなある日、たまたま行った近所のCarrefour(カルフール)でちょうどいい大きさの横型トースターが売られているのを発見。お値段27ユーロほどと安かったので、試しに購入してみました。

これが、予想以上に快適です。

縦型トースターではクロワッサンは必ず真ん中で割って上下半分にしてからじゃないと焼けなかったのが、横型トースターでは丸ごと入れますし総菜パンも気軽に3分温めるだけ。

こんなPizza風トーストや、フランクフルトの惣菜パンも楽々です。

ブルシェッタも簡単に焼けます

ホットドッグだって簡単に!

あまりの快適さに買ってよかったな~と本心で思えるキッチングッズでした。

 


 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう