こんにちは、mika( @europe_life15)です。

うれしいことに、ひとつの目標にしていたツイッターのフォロワーさん1000人を迎えることができました。

ツイッターを本格的に運用しはじめてから3ヶ月と少し。

その間にわたしが実践したこと、巷によくある「フォロワー数アップのコツ」から学んだことなどを元に、本当に効果のあったフォロワー数アップの秘訣をお伝えしたいと思います。

ご報告とお礼

まず、改めてのご報告とお礼を言わせてください。

冒頭でも触れましたが、ツイッターのフォロワーさんが1000人を超えました!これもみなさまのおかげです。ありがとうございます!

でも、わかってます。ツイッター戦略的に言えば、フォロワーさん1000人って大したことない数字ですよね。

巷では「フォロワーさん5000人への近道!」的なヒントやコツなどが散乱していますが、1000という数字はわたしにとって大きな区切りでもありました。

わたしのツイッター経歴

何をつぶやけばいいのかわからなった、はじめの頃

わたしがツイッターをはじめたのは2015年の5月。

人生初のツイートは何を書いていいのかわからなくて、こんなことをつぶやいていました。

フォロワーさん100人を迎えたのは1年後

はじめたはいいけどどうしていいかわからなくて、ブログ更新通知くらいにしか使っていませんでした。その後、フォロワーさん100人を迎えたのは約1年後です。

それでもまだ何を書けばいいのかわからなくて、ほぼ見ているだけでした。

まわりの人はどなたも数百人・ときには数千人単位のフォロワーさんがいて、わたしにはとても遠い存在だったのを覚えています。

ツイッターの面白さを知ったのは、ある人との出会い

何をつぶやいていいかもわからず、ほぼ見ているだけのわたしが「ツイッター楽しい!」と思えたきっかけは、ミニオンさん( @miniobel16)という存在でした。

はじめて話しかけたときからやさしくて、ミニオンさんのおかげでツイッターが楽しくなりいろんな人に話しかけるようになりました。

この出会いをきっかけに、わたしのツイッター生活は楽しさを増しました。そして、いろんな人のツイートを見るのが楽しくなりはじめたのです。

ミニオンさんとは今でもときどき絡ませてもらっています。大好きなフォロワーさんのひとりです。

本格的なツイッター運用で変わったこと

ツイッター開始は、2015年の春。
フォロワーさん100人に達したのは、2016年の7月末。
さらに1年経った2017年6月末に、はじめてフォロワーさんが500人を超えました。

はい、お気づきの通りカメのように遅い進化です。
フォロワーさんが500人を超えるまでに2年はかかっていますからね・・・。

その中でもうれしい変化がありました。

戦略的にツイートしたらフォロワーさんが大幅にアップ

本格的にツイッターを使うようになった「2017年6月中旬~7月中旬までの1ヶ月間」で、フォロワーさんが120名もアップしたのです。

1ヶ月という期間でこんなにたくさんのフォロワーさんが増えたことなかったわたしは、ただただびっくりしていました。

が、同時に「実験成功!」と心の中でガッツポーズをしていたのです。

フォロワーさんがとうとう1000人に!

個人的な実験として、その後もツイッターの本格的な運用を続けました。本格的というのは「SNS戦略をもって」という意味です。

それまでは日常の些細なことやブログ更新程度のツイートだったのですが、ためしにSNS戦略的な視点でツイッターを運用してみることにしたのです。

すると、みるみるうちにフォロワーさんが増えていき、ひとつの目標だった1000人を超える日が来たのです。

本格的にツイッターを運用しはじめてから3ヶ月と少し。

これもリツイート(ツイートの引用転送のこと)してくださったり、いいね!してくださるフォロワーさんあってのことです。いつもありがとうございます。

相手を見ていないツイッター戦略

フォロワーさんの数が信用の多さに値するとは思っていませんが、それでも共感してくださるフォロワーさんが増えるのはうれしいものです。

多くのブロガーさんが記事されていたり、ビジネス書になっていたり、巷にはツイッターやFacebookはじめとした「SNS戦略」のテクニック論をよく見かけます。

言わんとしてることはわかる。
戦略的には効果ありそう。

けれど、読み終わるとどことなく無機質な感情が残っていました。うまく表現できないなにかが心に残っていたのです。

相手の感情を見る

それがなんのか、フォロワーさんが増えるにつれてわかってきました。

「あ、相手の感情を見ていないからだ・・・」

そう思いました。

自分のつぶやきに「いいね!」してくれるのも、リツイートしてくれるのも、フォロワーさんという相手(人)がいてくれるからこそ。

たとえ携帯の画面を眺めてのつぶやきだったとしても、そのツイートの先には読んでくださる人がいるんです。

だからこそ成り立つツイッター戦略なわけで、いくら戦略通りにやっていたって相手を思いやる気持ちが欠けていたらフォロワーさんアップには繋がらないと思います。

戦略やコツに惑わされず、人を大事にしたい

検索すれば数多くの「フォロワーアップのコツ」的な記事がありますよね。ここでは省略しますが、かいつまむとこんな感じです。

  • インフルエンサーを利用する
  • フォロワー数の多い人に絡む
  • 有益な情報や自分の意見を言及する

他にも細かいコツ的なものはたくさんありますが、大きくまとめるとこの3つがメインじゃないかと思います。

あってます。たしかにあってます。この戦略どおりにやっていればフォロワーさんが増えることとは思います。

でも、相手への敬意が抜けていませんか?

「利用」じゃなく、思いを伝える

「インフルエンサーを利用する」

たしかに、影響力のあるインフルエンサーに近づいて頻繁に絡んでいけば、いい意味でも悪い意味でも反応してもらえるかもしれません。

しかし、ここに相手への敬意はありますか?

わたしは「利用する」という言葉自体に、「相手を見下している」ような「ひとつの駒」のような印象を受けました。

下心で近づいてくる人は、相手にも伝わります。それがネット上であっても。そんな風に近づかれても、いい印象は持ちませんよね?

「利用する」のではなく「思いを伝える」。これは大きな違いです。

言葉づかいや表現から本音が伝わる

「インフルエンサーを利用する」
「フォロワー数の多い人に絡む」

この点に関しては、純粋に「共感したことを伝えたい」「この思いを届けたい!」と感じた上での行動であればいいと思います。

ですが、「相手を利用する目的で実践したくはないな」というのがわたしの本音です。

それとあわせて、言葉遣いや表現の仕方には気をつけています。

自分の意見を主張したかったとしても、同じ趣旨で違う言い回しや表現の仕方はいくつもあります。あえてストレートな表現を選ぶ必要はありません。

ツイートの先に人がいる

ストレートに表現するのが悪いわけではありません。それが適している時にはストレートな表現でもいいんです。

わたしが言いたいのはそういうことではなくて、「このツイートの先には読んでくださる人がいる」ってこと。

相手が読んで不快になる内容や言葉づかいをする必要なんてありません。たとえもらった返信にムッとしても、そこで自分も攻撃的になる必要もありません。

それはきっと「相手への思いやりが欠けていた」ツイートだったということです。

「自分の意見」や「有益な情報」を発信する

ツイッター戦略のコツで、唯一わたしが積極的に実践したことがあります。

それは、「自分の意見や一次情報を発信し続けること」です。

わたしは主に、スペインと南仏を拠点にしています。その中で得た一次情報を発信し続けるようにしています。

わたしの当たり前が、他の人には有益な情報になるかもしれないからです。

意見を発信し続けるには感性も大事

自分の意見を発信し続けるには、自分の感性が大事です。

心で感じとれるものがないと、「自分はどう思うか」「どう思ったか」という感情がわいてきません。

そのためには自分の心の平穏を保ったり、いつもと違うところへ出かけてみたり、いろんなことに興味をもったりしてみます。

なにも感じなければ「自分の意見」は出てきませんし、何かを感じても素通りする程度の感性では言語化するにいたりません。

「自分の意見を発信する」ということは、同時に「自分の感性を磨く」ことでもあるわけです。

感性は人それぞれですので、わたしがいいと感じたことも他の誰かにはそう感じられないかもしれません。それが意見の差であって、どちらの意見がいいか悪いかではありません。

フォロワーアップの近道は、共感してくれる人を増やすこと

自分の意見や持ち合わせている一次情報を積極的に発信していくことで、フォロワーさんが増えていきました。

フォロワーさんが1000人を超えて思うのは、「フォロワーアップの近道は共感してくれる人を増やす」に尽きるんじゃないかということです。

どんなに有名な人でも、その人自身に興味がわかなければ素通りしてしまいます。

その興味を感じてもらうにはまず、ツイートを読んでくだる方の心に留まる必要があります。それが「共感」だったり「有益な情報」という言葉で表現されているだけです。

共感してくださったフォロワーさんがリツイートで拡散してくださり、それがフォロワーさんのフォロワーへ伝わる。そうして伝言ゲームのように広がっていくんです。

ということは、自分の意見や有益な情報を発信しながら共感してもらうことがフォロワーさんを増やすための近道じゃないかと思います。

コツや戦略に気を取られていませんか?

わたしがよく使う言葉ですが、ツイッター戦略でもやっぱり「急がばまわれ」なんです。ファンを増やすのに劇的な近道なんてありません。

  • フォロワー数を増やしたい!
  • 戦略やコツを見てもうまくいかない!
  • やってもフォロワーアップに繋がらない!

そう思っているあなたは、コツや戦略ばかりに気を取られてはいませんか?

ツイートの先に相手がいること、共感してくれる人を増やすのが大切だってこと、忘れてはいませんか?

テクニックやコツは有益なヒントではあるけれど、それがすべてではありませんよ!

さいごに

わたしは時間がかかった方だと思いますが、そんなわたしでもひとつの目標であったフォロワーさん1000人を迎えることができました。

「たかが1000人でフォロワー数アップの秘訣に言及するの?!」と思われるかもしれませんが、わたしには大きな意味をもつ目標でした。

その目標に近づくために実践した、わたしなりの秘訣です。

フォロワーさんを増やしたいなら、「いかにして共感してくれる人を増やしていくか」です。

フォロワー数をもう少し上げたい!という方には効果のある方法だと思いますので、ぜひ試してみてくださいね!

もしこの記事が役に立ったと思ってくださったなら、ツイッター( @europe_life15)でのフォローをお願いいたします!

スポンサードリンク

この記事を書いている人

mika
mika

どこにいても自分らしくをモットーに、「自分らしい新たな一歩」を踏みだし、夢を実現してもらうためのお手伝いをしています。

海外在住ブロガー専用オンラインコミュニティ運営者。
各国に散らばる海外在住ブロガーさんが、世界を横断してコミュニケーションしていただける場を提供しています。

→ 詳しいプロフィールはこちら
→ 海外ブロガー専用オンラインコミュニティはこちら
→ 質問・相談が直接できるLine@はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

おすすめ記事