いちご

ここスペインでは1月下旬頃からいちごが出回り、2月になるとスーパーに並び始めます。

スーパーでは段いっぱいにいちごが並び、500gで1.35ユーロ。日本円に換算すると約190円とお買い得です。(*1ユーロ139円で計算)

日本ではブランド化されて高級フルーツのイメージが強かったいちご。こんな破格で買えるなんて夢のよう。で、シーズン中は毎日のように買ってしまいます。

日本ではよく季節限定スイーツが売られていて、春先になればいちご味のデザートやお菓子で溢れていますが、ここヨーロッパではそのような季節スイーツなど目にしたことがありません。

オリジナルのシンプルなデザートなんかはたくさんあるんですが、いちご・かぼちゃ・栗・サツマイモなど季節の食材をアレンジしたデザートは皆無です。

でもやっぱり食べたい・・・。
無ければ作るしかない!ということで、いちごプリンを作ってみました。

スペインはいちごが安すぎる!

この写真のいちごは、2kgで5.4ユーロ。なんと日本円で約750円です。
1kgでは半額の2.7ユーロで、約380円。

いちご2kg

お買い得なお値段で箱買いしたはいいけれど、いちごって繊細ですぐに悪くなってしまうんですよね。

そのままで食べきれればいいのですが、なかなかそうもいかず・・・。

大量いちごの消費方法

シーズン中は安くて新鮮なこともあり1kg単位で買ったりしますが、その度に頭を悩ますのが消費方法。少量ずつ買えばいいのですが、そうすると2日に一回は買うことになって・・・。

で、わが家ではいちごの消費にこんな方法をよく使います。
だいたい下の3通りですね。

  • いちごジャム(定番)
  • いちごスムージー(いちごを凍らせてからミキーサにかける)
  • いちごプリン(定番だけどヨーロッパにない)

そしてこの記事では3つめのいちごプリンの作り方を記しておきます。

スポンサーリンク

簡単!いちごプリンの作り方

作り方はとっても簡単。
レシピとも言えないくらいなので是非チャレンジしてみください!

材料

  • 生のいちご:10~15粒(★)
  • 砂糖:大さじ2(★)
  • 牛乳:600ml(★)
  • ゼラチン:5g
  • ゼラチンをふやかすための水:大さじ3程度

作り方

  1. 粉ゼラチンに水を加え、ふやかす
  2. ミキサーに★マークの材料(いちご・砂糖・牛乳)を合わせて、ガーっと
  3. ふやかしておいたゼラチンを入れ、ダマにならないようによく溶かす
  4. ゼラチンのダマを取り除くため、濾し器でいちご牛乳液を漉す
    (気にならない方はこの工程を省いても大丈夫です)
  5. 容器に注ぎ、冷蔵庫で冷やし固めます(3時間以上が理想)

甘さ控えめ手作りいちごプリン

いちごプリン作りのポイント

*砂糖大さじ2だと甘さ控えめです。甘めがお好きな方は砂糖の量を調節してください

*ふやかしただけの粉ゼラチンでうまく溶けない場合は、ゼラチンを入れたいちご牛乳液をお鍋へ移して弱火で軽く温めるとゼラチンがダマにならずうまく溶けます

*仕上がりの触感をスムーズにするため漉し器でいちごの果肉を取り除きました。つぶつぶ感がお好きな方は手順4を省いてもらっても構いません。

*牛乳600mlを、牛乳と生クリーム1:1(各300mlずつ)にするとミルキーで濃厚さが増します。私はカロリー控えめ&さっぱりライトな仕上がりにしたかったので牛乳のみで作りました。

さいごに

海外生活だといろいろ「無いもの」が多くて日本の味が恋しくなります。無くてもやっぱり食べたい。売ってないなら作る。のスタンスで、いちごプリンを作り始めました。

海外にお住いの方だけで無く、大量のいちごが家にあるけどどうしよう・・・と頭を悩ませてる方におすすめの簡単レシピです。

調理中はキッチンがいちごの香りでいっぱい。この香りだけで癒されてしまいます。

この情報は2015年3月時点のものです。
(記事中の金額は当時の為替レート:1ユーロ139円を参考にしています)


 

スポンサーリンク

この記事を書いている人

mika
mika
本拠地スペイン、時々フランス。
現在は南仏・コートダジュール地方に滞在。

現地生活・仕事・旅行などのリアルな現地情報と、そこから得た自分らしく生きるヒントを発信しています。

また、海外在住ブロガー向けのオンラインサロンも運営。
各国に散らばる海外在住ブロガーさんが、世界を横断してコミュニケーションが取れる場をめざしています。

→ 詳しいプロフィールはこちらへ
→ 海外ブロガー向けオンラインサロンはこちら
→ Line@で質問する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう