こんにちは、mika( @europe_life15)です。

フランスの軽食といえば、わたしはガレットを思い出します。

ガレット?クレープじゃなくて?

と、思われた方もいらっしゃると思いますので、ガレットとクレープの違いとニースで一押しのガレット屋さんをご紹介したいと思います。

ガレットはそば粉が使われたクレープ

ガレットとは、そば粉が使われたクレープのことをいいます。

そば粉で作られるガレットであり、主に小麦粉で作られるクレープのもとになった料理である。

クレープと異なり片面だけを焼き、生ハムなどの肉類、魚介類、おろしたグリュイエールやゴーダなどのチーズ、鶏卵、サラダなどで飾って提供する。Wikipedia

フランスのクレープは日本で見かけるようなくるくる巻かれた手持ちコーン式ではなく、平たいままが基本ですので、ガレットも同じく中身やトッピングが乗せられて平らなままお皿に盛り付けられます。

ニース市内のおすすめガレット「Debin Ur Begad」

わたしたち夫婦がいつも行くガレット屋さんは、決まって「Creperie Debin Ur Begad」(クレッペリエ・ドゥヴァン・ア・ヴィガッドゥ)です。

旧市街に位置する小さなお店ですが、いつもたくさんのお客さんで賑わう人気店。

ハム・チーズ・ベーコンなどのシンプルガレットから変わり種トッピングなどもあり、薄いガレット生地ならペロリと食べられるかな~と思いきや、意外とお腹にたまります。

ガレット手前:ベシャメルソース・マッシュルーム・ベーコン・ヤギチーズ・スペシャルトマトソース添え。 ガレット奥:生ハム・タマゴ・ヤギチーズのシンプルトッピング

そば粉が食べられない人は、ガレット生地をクレープ生地に変えて作ってもらうこともできるので、ガレットをお食事クレープに変更したりお好みで調整してもらえます。

ガレットで食事をしたあとは、デザートに甘いクレープはいかがでしょう?

フルーツ・チョコ・アイス・生クリームなどのトッピングが楽しめるスイーツ系クレープ(ガレットではない)もあるので、軽食ランチにもカフェ休憩にも使えて便利なお店です。

写真にはありませんが、ここのスイーツクレープがもっちもちで、心の底からおすすめです。

ガレットはリンゴのビール「シードル」と一緒に

写真右側に映るカップがシードル

そして、ガレットといえば「シードル」という飲みもの(Cidre:写真右側)が定番。

シードルとは、りんごが原料のスパークリングワインです。

「シードル」は、りんごからつくったスパークリングワイン。語源は、「果実を醗酵させてできた酒」を意味するラテン語「シセラ(Cicera)」です。アサヒビール

個人的にはりんごを原料にしたビールといった感じの方が近いかなと思っています。

スパークリングワインというとシャンパンのようなシュワシュワ感を想像すると思いますが、それに比べるとシードルのシュワシュワ感は控えめでアルコール度数はビール以下。

お酒が弱いわたしでも気軽に飲めてあまり酔っぱらわないので、「まずはビール」の代わりに「まずはシードル」といった気楽さもビールっぽいなと思います。

別のレストランで注文したシードル。小さなボトルで出てくることも。

シードルは辛口・甘口と2タイプありますが、ガレットには甘めの「Doux」がおすすめです。 ガレットのおともにシードルも試してみてくださいね!口当たりが良くフルーティーなのでとっても飲みやすいですよ!  

ニース市内おすすめガレット店舗情報

<店舗情報>
店名:Creperie Debin Ur Begad
住所:7 Rue du Pont Vieux, 06300 Nice, France

スポンサードリンク

この記事を書いている人

mika
mika

どこにいても自分らしくをモットーに、「自分らしい新たな一歩」を踏みだし、夢を実現してもらうためのお手伝いをしています。

海外在住ブロガー専用オンラインコミュニティ運営者。
各国に散らばる海外在住ブロガーさんが、世界を横断してコミュニケーションしていただける場を提供しています。

→ 詳しいプロフィールはこちら
→ 海外ブロガー専用オンラインコミュニティはこちら
→ 質問・相談が直接できるLine@はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

 

おすすめ記事