Blog

休むのが下手な日本と、休みは権利な海外文化

このBlogをはじめてお読みいただく方へ
コノリー美香の自己紹介


こんにちは、Mikaです。

日本ではすごいニュースになっていたようですね。

国民的アイドルグループの嵐が休止宣言をして、そこから学ぶことがありました。と、クライアントさんからご報告をいただいて知りました。

そのあとSNSのいろんなところで嵐休止のニュースを目にしてわたしなりに感じることもあったので、いまこうしてブログ書いてます。

嵐の活動休止ニュースはこちらをご参考ください。

休むのが下手な日本

わたしは32歳まで日本で過ごしました。日本で生まれ、日本文化に育てられ、大人になりました。いわば「純日本人」です。

社会人として仕事をはじめたのが21歳。それから31歳までの10年間はまいにち仕事に明け暮れていました。途中で休憩したり、ペースダウンしたことももちろんありました。でも、心のどこかで「休むこと」を許せていなかったように思えます。

なんでしょうね、休んでると「サボってる」と思われてしまう。休んでると「もっとできるよね」と思われてしまう。休んでると「まわりに置いていかれる」と思ってしまう。そんな恐怖観念もありました。正直にいって。

この気もちって、わたしだけじゃなかったんだ。と気づいたのはだいぶ後になってから。21歳のわたしには力不足だったけれど、歳を重ねて、経験も増えていって、同僚や後輩から相談されるようになってから気づきました。そっか、休むことが怖いと思う人はたくさんいるんだって。

休みは「権利」な海外

一歩外へでたらまったく違う価値観にふれました。

日本を離れ、スペイン-フランスで生活するにつれ、だんだんとわかってきました。こちらでは「休むことは権利」なんですね。それがどんな位置にいる人であっても。

労働者も、管理職も、経営者も。働いてる人だけではありません。主婦も、子どもも、おばあちゃんも。み~んなが「休み」を当然のように受け入れてる。うーん、当然という言葉をつかうと語弊がありますね。なんていうか、休むことが前提になってる感じです。

どんな人にも、必ず「オン」と「オフ」が必要。オフがあるからオンに集中できる。オフがない人は結果的に生産性がわるくなるよね。という文化です。

なので、オフとなればちょっとくらいはめ外すのも全然ありだし、その楽しさがあるからまたがんばれる。スペインでは、金曜だけ15:00に仕事を切り上げて週末にそなえるし、フランスでも金曜だけ早め(16:00とか)に帰宅する人も多いです。

休むと怠惰はちがう

先にも書きましたが、わたしは「休むとまわりに置いていかれる」とよく思っていました。

とくべつな才能やスキルもなく、学歴社会にも落ちこぼれた自分はふつうの人の100倍くらい努力しなくちゃ追いつけない。追い越すなんてとんでもない、100倍でやっと足並みをそろえられる。

そんな風に思っていたので、とにかく休むのが怖かったんですね。置いていかれちゃうから。

でも、いまはそう思っていません。「休むこと」と「怠けること」はぜんぜんちがうってわかるから。

わたしにとって休むこととは、次へ向かうための補給の場。ジャンプする前に力をためてかがんでる状態です。怠惰とは、なまけ心からくる自分への甘え。めんどくさいからいっか・・・のささやきに心を許してしまっている状態です。

次への一歩は休んだあと

人によって「休む」の意味や価値観はちがうと思います。

誰の意見が正しくて、誰の意見がまちがってるってこともありません。その人がもつ価値観が、ただそうなだけで。そこを議論する必要もないと思ってます。だって、ひとりひとり大切な価値観はちがうから。

そのうえで、あえてわたしは「休む」を大切にしたいと思っています。

まだまだ休むのがへたくそで、夜や週末も仕事してるし、気づけばいつも仕事にかかわる何かをしてる。そんなわたしのお手本は、一番身近にいる夫です。オンがつづいたときのオフのつくりかたとか、ほんと参考になってます。

参考になってるだけで実践しないと意味がないので、今回の嵐のニュースをきっかけにもう少し「休む」を意識していこうと改めて。

ABOUT ME
Mika Connolly
Mika Connolly
コノリー美香。海外認定コーチ。2020年東京オリンピック出場候補(女子陸上)選手メンタルサポートコーチ。キャリア・ライフサイクルの変化にも上向きに人生をシフトして、自分らしく生きたい女性の自己実現をサポートしています。クライアントは世界14ヶ国在住。/ ▼無料メールレター
RELATED POST