イギリスの家庭では定番のおうちスイーツ、「Crumble」(クランブル)。

リンゴや洋ナシ、バナナやプルーンなど色んなフルーツを使って焼きます。

ホームメイド・クランブル

前に義理の母が作ってくれたのがとても美味しくて私も覚えるようになり、今ではわが家の定番スイーツです。

クランブルの作り方はとても簡単。

<作り方>
・砂糖と小麦粉を混ぜ、小さく刻んだ冷たいバターを入れます
・バターと小麦粉が合わさってぽろぽろと細かくなるように手で擦っていきます
・好きなフルーツを適当な大きさにカットし、お皿に敷き詰めます
・その上にクランブル生地をまんべんなく振りかけます
・170℃のオーブンで30分~40分焼きます

※焼き時間はオーブンの火力によって調整してください。
※生地作りで練ってしまうとクッキーになってしまうので注意です。
※甘味が欲しい方はカットしたフルーツにお砂糖かハチミツをまぶしてください

 

色んなフルーツをお皿に敷き詰め、その上にクランブルを振りかけて焼くだけの簡単おうちスイーツ。フルーツの甘みがたくさんで、とてもフルーティーです。

この日は完熟バナナがあったので、リンゴとバナナで。
バナナの自然な甘みを活かしたかったので、砂糖不使用です。

とはいえ、お皿に盛りつけた後に生クリームやアイスクリームをトッピングしますけどね。

スポンサーリンク

こちらが焼く前。

定番アップル&バナナのクランブル(焼く前)

こちらが焼き上がり。

定番アップル&バナナのクランブル(焼き上がり)

夫に「砂糖使ってないよ」と言ったらびっくりしていたくらいバナナの甘さがよく出ていて、いつ作っても失敗なしで安定の美味しさです。

ただ一つ、ちょっと面倒くさいのが、いくつものリンゴを剥いて小さく切る作業。

私はリンゴ4つ・バナナ1~2本を基本で使うのですが、リンゴ4つ分を剥いてカットするのがちょっとめんどくさい。。

ということで、「アップル・スライサー」なるものを購入してみました。

見た目はおもちゃのようですが、かなり万能。一瞬でリンゴがカットできる優れモノです。
近所のCarrefourで3ユーロ前後でした。

一瞬でりんごがカットできる、アップルスライサー

クランブル用だけでなく、サラダに入れるリンゴのカットにも使っています。

一度使ったらクセになるアイテムです。

 


 

スポンサーリンク

この記事を書いている人

mika
mika
本拠地スペイン、時々フランス。
現在は南仏・コートダジュール地方に滞在。

現地生活・仕事・旅行などのリアルな現地情報と、そこから得た自分らしく生きるヒントを発信しています。

また、海外在住ブロガー向けのオンラインサロンも運営。
各国に散らばる海外在住ブロガーさんが、世界を横断してコミュニケーションが取れる場をめざしています。

→ 詳しいプロフィールはこちらへ
→ 海外ブロガー向けオンラインサロンはこちら
→ Line@で質問する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう