bath-shower

ヨーロッパの水は硬いと言われているのはご存知の方も多いと思います。

飲料のミネラルウォーターは硬水だとミネラルやカルシウムが入っているので体にいいと言われていますが、その硬水がシャワーになると話は別。私の場合、スペインで生活するようになってからお水の違いで一番ダメージを受けたのが髪の毛でした。

今日はこの硬水を軟水に変える方法をご紹介します。

効果は予想以上で、あんなにひどかった髪のダメージが驚くほどなくなりました。

硬水で洗うと髪がギシギシになる

ヨーロッパに行かれた経験のある方は思い当たるのではないでしょうか。

日本から持参してきたシャンプーがあまり泡立たない。日本で毎日使っている同じブランドのものなのに、うまく泡立たないしシャンプー後の仕上がりがちょっと違う。

それはきっとお水の違いです。

日本はとてもやわらかい軟水で、シャンプーしている最中の手触りもやわらかい。でもこちらヨーロッパのお水は硬くてシャンプー中でさえ髪がギシギシするような、つっかかる感じ。

私はスペインでの生活を始めてから、毎日シャワーを浴びるたびにパサパサになっていく髪とカピカピになる肌に恐怖を覚えていきました。始まったばかりのスペイン生活、これから先どうしよう・・・と。ダメージを避けるために髪は毎日洗わないようにしたこともあります。

痛みすぎて地毛がこげ茶に

どれだけのダメージだったかと言うと、まず、真っ黒だった地毛がこげ茶になりました。(黒々しい地毛が嫌だった私は日本にいた頃はカラーリングでこげ茶にしていたので、その点だけでいうならまぁ良かったとも言えるんですが・・・)

毛先だけでなく全体的にギシギシのパサパサで髪は落ち着かなくてボリューム満点。髪が絡んでブラシが通らなかったり、毛先の傷んだ部分が絡み合って小さなダンゴのようにもなったりしました。

シャンプーやトリートメントを変えたり、オイルをつけたり、髪にいいと言われていることは一通り試したと思います。そして、試行錯誤を繰り返すこと3年。今まで何をしても変わらず改善の兆しさえ見えなかった私の髪に、ある日異変を感じたのです。

硬水をやわらかい軟水に変える「軟水器」

お水が変わったら悩んでいた髪の毛のトラブルが全部なくなった・・・。

日本に一時帰国するといつも思うことです。シャワーを浴びてる最中の、あのなめらかでやわらかいお水の感覚は忘れられません。

ある日、このうれしい異変が起こりました。日本へ帰ったわけでも魔法を使ったわけではありません。いろいろ調べて突き止めた硬水を軟水に変える機械(軟水器)を導入しただけです。

軟水器「デスカルスィフィカドル」(Descalcificador

これがその軟水器、スペイン語では「Descalcificador」(デスカルスィフィカドル)です。

water-soften

高さ120cm程度・横40cmほどのスリムな形をしていて、機械というより米びつのような外観。見た目だけでなく仕組みもとてもシンプルです。この軟水器の中に専用の塩を入れるだけ。たった入れるだけ、です。

えっ?そんなことで軟水になるの?!と、半信半疑になりますよね。私も今でも不思議に思っていますが、これが予想以上にいい仕事をしてくれます。

軟水器の使い方は簡単、専用の塩を入れるだけ

この青い袋が専用の塩で、ホームセンターなどで売られています。

私たちは家から近いということもあって、フランスやスペインで店舗展開されているホームセンター「LEROY MERLIN」で購入することが多いです。1袋25kgで8ユーロほどでした。

water-softner-solt

軟水器の使い方はとっても簡単で、この塩を軟水器の中に入れるだけ。本当にこれだけです。
(中の塩がほぼ無くなった状態で大きな25kgの袋1つ分が入りました)

Water-soften2

軟水器の効果は予想以上!

この軟水器を使うようになってから、あれだけ気になっていたシャンプー後のギシギシ感も、カピカピした体の乾燥感も気にならなくなりました。

シャワーを浴びている最中の水の感触がやわらかく、軟水器を使った初日からその違いがはっきりとわかるくらいです。日本でシャワーを浴びるときのお水の感覚と同じでちょっと感動しました。

さらに、うれしいおまけも。

軟水になったらカルキの付着がなくなった

わが家では浴室だけでなく家で使う全ての水はこの軟水器を通る仕組みになっていました。そのため、洗濯機や食器洗浄機などに使われる水も全てこの軟水器を通っているので軟水です。

今まで住んできた家々と比べると、硬水のヨーロッパで一般的に見かける浴槽やシャワーブースなどの水回りに白く溜まるカルキの付着が圧倒的に少なくなりました。

洗濯機や食器洗浄機など、カルキを排除するために専用のクリーナーなどを使用する頻度も激減しましたし、食器洗浄機へ定期的に入れる塩の減りも少なかったです。

軟水器は電気系・塩系の2タイプ

この優れものの軟水器には電気系・塩系の2通りのタイプがあります。

塩タイプは99%のカルキを排除(商品外箱に表示)とありますが、機械そのものが大きい。また、水源の近くに設置する必要があるので場所もスペースも条件が出てきてしまうデメリットがあります。

それと比べて電気系の方はカルキ排除率は劣るものの、小型で使用したい場所へ簡単に設置できます。塩を補充する必要がないので、定期的に塩を購入したり補充したりする手間は省かれます。

それぞれのメリット・デメリット

 電気系塩系
大きさ小型大型
カルキ排除率塩系に劣る99%排除
メンテナンス手軽定期的に必要(塩の補充)
ランニングコストなし塩の購入
軟水機の金額500〜600ユーロ500〜800ユーロ
設置にかかる費用なし
(小型なので自分でできる)
300〜500ユーロ
(工事必須・設置場所による)
設置できる家の構造マンション向き戸建向き
設置する場所シンクの下テラス・庭・機械ルームなど

(引用元:LEROY MERLINでの見積もり内容)

条件によって軟水器を選ぶ

実際に軟水器を選ぶ際は、家の種類や構造(間取り)によって注意が必要です。上の表を比較すると、電気タイプ・塩タイプそれぞれに一長一短があり、家の条件によって選べる種類も変わってきます。

私個人的には、軟水器を設置できるスペースがあるならば塩系を選びます。サイズは大きいし塩を買う手間やランニングコストはかかりますが、カルキ除去率の効果は絶大でしたから。

アパートなどスペースがなくて設置できそうにない場合でも、軟水器を設置できるのが電気系です。

これだと「バスルームだけ」「台所だけ」といったピンポイントな場所で使えます。家で使う全ての水を軟水にできなくとも、せめて「シャワーを使うバスルームだけは何とかしたい!」というケースでも使えます。

飲料用はミネラルウォーター、超軟水の「BEZOYA」

家で使う全ての水が軟水になったとしても、飲料用にはそのまま使いません。

わが家では飲料用・料理用で使うのはミネラルウォーターです。お水をろ過するBRITAというのも使っていますが、私は味が好きでないから普段飲みには使っていません。夫は気にならないようでBRITAでろ過したお水を普通に飲んでいます。

私が愛飲しているミネラルウォーターはこちらの「BEZOYA」(ベソヤ)。

日本の軟水に似てる硬度のBezoya
(写真:メーカーホームページより)

このBEZOYAはどのスーパーでも手に入る一般的なものです。スペインの代表的なスーパー「Mercadona」(メルカドーナ)でも売られています。

なぜこのお水を指名買いしているのかというと、スペイン国内で一般的に売られているお水の中で一番軟水だと思うからです。ラベルには超軟水を意味する「Muy debil」という文字と、赤ちゃんのミルク用に推薦されていることが書かれています。

もともとミネラルウォーターでも硬水が苦手な私は、スペイン生活でも軟水を探し求めていました。今まで軟水と書かれているお水を片っ端から試しましたが、やっぱりどれもまだ硬水の味がして好きになれなかったんです。

でも、このBEZOYAは違いました。飲んだ瞬間の感想が「日本のお水に近い」です。それからというもの、わが家ではBEZOYAの指名買いです。

さいごに

日本の軟水に慣れていた私には、ヨーロッパの硬水で肌・髪に大きなダメージを受けました。お肌はカピカピ・カサカサ、髪はパサパサ・ざわざわ。クリームを塗ってもヘアオイルをしてもカバーしきれませんでした。

それが、軟水器を導入したことで今までのダメージがみるみる回復し、お水の力に驚かされました。たかがお水、されどお水ですね。

毎日使うものだからこそ、大きな違いとなって日々の生活に影響してきます。肌・髪・機械にやさしくてその効果が絶大ともなれば、もう軟水器なしでの生活は考えられません。

ヨーロッパの硬水を何とかしたい!という方は、軟水器がおすすめです。

 


 

スポンサーリンク

この記事を書いている人

mika
mika
2011年より海外生活。スペインを拠点にフランスへ行ったり来たり。
現在はフランス・ニース在住。
起業した夫の仕事を手伝いながら自身のフリーランスを視野に入れて活動中。なかなか思うようにはいかないけれど、一歩ずつじっくりやってます。
→ 詳しいプロフィールはこちらへ
→ Line@はじめました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう