最近ブログの反応をもらえることが多くなった。
純粋にうれしい。

今のブログの前身は
いわゆる「日記」といった感じ。

無料ブログを使っていたし、
書いていた記事も

「〇〇食べました」
「〇〇へ行きました」
「〇〇美味しいのでおすすめです」

とか、今考えたら
自己満足もいいところな記事が多かった。

あれでよく読んでもらえてたな
と、ある意味感心するほどだ。

そして数年経ったいま、
「ブログ」というカテゴリーは同じだけど
読んでくれた人に役立ってもらえるような
為になる情報を発信していきたいと思った。

自分の経験だったり
現地の情報だったり
仕事のことだったり。

書き方の作法なんかも勉強して
読みやすいように、
分かりやすいように心がけてる。

ただ、ブログ記事の中では
自分の「素」が出せなかった。

言い方が違うな。

出しているつもりだったんだけど
記事内容に合わせて
おかしくない範囲で自分を出してた。

でもそれだけじゃ
素の自分の奥の奥から湧いてくるものを
解放することはできなくて、

どうしていいのか
自分なりに結構苦しかったんだよね。

こういうとき、多くの人は
友達に相談したりするんだろうけど、
私は相談できない環境が長く続いたからか
誰に言うでもなく自分の中に溜め込んでた。

ほんとは自分の感情を、思いを、考えを、
外に出したくてたまらなかったのに。

誰にでも1度は経験があると思うけど、
自分の中に溜め込んでたものを
外に吐き出すときのあの開放感ってすごい。

なんだろう。
溜まりにたまったどす黒い水が
勢いよく流れていく感じ。

私にはそれが
こうやってエッセイを書くことだった。

ブログ記事も少しずつ方向性を変えて
自分の意見や思ったことなどを
記事にしていってはいるのだけど、
やっぱり記事の中では「記事」っぽくなる。

解放したい心の奥の何かを
ここで感情のまま、思いのまま、
言葉を紡ぐだけ紡いで書きなぐったら
信じられないくらい心が軽くなった。

ブログとは違う表現方法、
ブログとは違う書き方、
これがいい気分転換になってる。

私は表現することが苦手だ。

親からの躾や家庭の教育方針も
少なからず影響は受けてるだろう。
ここに触れたエッセイはこちら

そんな私は自分の胸の内を
誰かに伝えるのがとても苦手だった。

相談どころか自分のマイナス感情を
自分の外へ表現することが難しかった。

自分の黒い部分やネガティブ部分を出すのって
とっても勇気のいることだ。

友人や相手の反応が気になるし、
それが原因で嫌われるかもしれない。
だから私は余計に言えなかったんだと思う。

でも、その怖さを覚悟で、
勇気を出して胸の内を表現したら
私の発信に対して反応が増えていった。

言葉の使い方とか表現の仕方とか
テクニック的なことが拙くても、
本音で書いてるからこそ
伝わるものがあるのかもしれない。

最初は怖かったけど
思い切って発信してみて良かった。

何より私自身、気持ちの整理がついたし
心の奥の汚い水が流れ出して
その分新しい水が入ってくるような感じ。

解放感とでもいえるこの感覚が
今まで感じたことないくらい気持ちいい。

自分を表現するって
こんなに気持ちのいいことなんだ。

今まで知らなかった。

自分が思ってることを
身近な誰かに伝えるのも大事だけど、

伝える誰かがいなくとも
自分の心の内を本音で言える存在って
大きいな・・・と、改めて思う。

その存在が人でなくても。

日記でもブログでも何でもいい。
自分だけの秘密ダイアリーでもいい。

自分の心の中を表現することで
素の自分になれる。

その瞬間自体が、貴重だと思う。

そして身軽になった心で
明日を、今この瞬間を楽しめる。

スポンサーリンク

この記事を書いている人

mika
mika
2011年より海外生活。スペインを拠点にフランスへ行ったり来たり。
現在はフランス・ニース在住。
起業した夫の仕事を手伝いながら自身のフリーランスを視野に入れて活動中。なかなか思うようにはいかないけれど、一歩ずつじっくりやってます。
→ 詳しいプロフィールはこちらへ
→ Line@はじめました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう