スモークサーモンが余った時、みなさんどうされていますか?

真空されていた生物だし半日ならそのまま頂くんですが、翌日は何となく火を通したくなります。
今回は私がよくする「スモークサーモンが余った時の再活用法」をご紹介します。

スモークサーモン

とは言っても特筆するような工夫は無く、見たまんまスモークサーモンのチャーハンです。

火を通すとスモークサーモンの身がほぐれてパラパラになることを利用しました。
既にスモークサーモンに塩味が付いているので、チャーハンに使うお塩は少なくても十分味が出ます。

スポンサーリンク

余ったスモークサーモンでチャーハン   

火を通したサーモンのピンク色がチャーハン全体と混ざり合って春を思わせる色合いに。

「簡単」・「早い」・「おいしい」の三拍子が揃った、私の手抜きランチです。
薄身のサーモンは火の通りが早く、フライパンを熱してから3分で完成~。

パラパラ具合といい、塩加減といい、日本で売ってる鮭フレークのような感じになりますので、大量に余っていたらスモークサーモンだけ火を通して鮭フレークにするのも手です。

私はこのチャーハンのほか、バゲットや食パンなどで焼きスモークサーモンのオープンサンドなんかも作りますよ。こちらはハニーマスタードのドレッシングをトッピングしてさっぱりめに仕上げたり。

スモークサーモンが余ってしまったら、是非思い出してみてください!  

 


 

スポンサーリンク

この記事を書いている人

mika
mika
本拠地スペイン・時々フランス。現在は南仏・地中海に滞在中。
海外生活を味わってもらったり、旅してる気分になってもらえたり、海外で生きるヒントが伝わるようなブログを目指してます。
→ 詳しいプロフィールはこちらへ
→ Line@はじめました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう