こんにちは、mika( @europe_life15)です。

ニースはいま、夏の観光シーズン真っ只中です。

わたしは観光というと1つの都市をゆっくりまわりたいのでついつい滞在を長めに取りがちです。

でも、日本からくる友人や観光にいらっしゃる方の中には、1都市たった数時間の滞在で次へ移動するという人も少なくないことを知りました。「弾丸」と言われる旅行スタイルです。

その都市の魅力を知る前に次へ移動しなくてはならないので、「その街の魅力は知り得ないよな~」と思っていたのですが、彼らなりの理由があるんですよね。

  • 少ない休みや機会を使って、できるだけ多くの都市を見てみたい。
  • その中で「これは!」と思える街を探す旅なので弾丸でOK。
  • 長く滞在したい!と思える街に出会ったら次回の旅でゆっくり訪問。

これは実際にわたしの友人がニースへ遊びに来たときに(もちろん弾丸で)話してくれたことです。

「そっか、そういう考えもあるよね。お休みの少ない日本ならなおさらなのかも?」と思い、短時間でニースの魅力を最大限に味わえるコースを友人たちに案内しました。

その後、観光ガイドに関するお問い合わせでも短時間観光の希望をされる方が少なくないことを知り、今回の記事で公開することにしました。

ニース滞在はたったの5時間。

「短時間でもニースの魅力を最大限に味わいたい!」というあなたにぴったりな、ニース滞在4時間で絶対にしたい3つのことをご紹介します!

ニース短時間観光で絶対にしたいこと ①ニースの海

ニースといえば、碧い海岸!海!を連想する人は多いと思います。

まさにこの海を見たさに世界中から人が集まるといっても過言ではないほど、ニースの海は何かを持っています。(とわたしは思ってます)

観光シーズンど真ん中だと人が多すぎるし暑すぎるしで地元の人は避ける傾向にあるけれど、何か考え事するのにふら~っと行きつくのがこのニースの海だったりします。

この砂浜ならず石浜に腰を下ろして、ただただ海を眺めてるだけで贅沢なひとときだな~と思えます。

プロムナードから海を眺めるのも気持ちいいんですが、できれば石浜に降りて波打ち際まで行ってみてください。

たった数メートル海に近くなっただけなのにものすごい開放感に触れられます。

ニースといえばこの海。この海を見なければニースに来たとはいえないほど、観光には絶対に外せない場所です。

ニース短時間観光で絶対にしたいこと ②古城跡

海岸からニースの海を見たら、次はニースの海を全貌できる古城跡「ル・シャトー」(Le Château)へ登ってみてください。

ここから見える景色は言うことなしに美しいです。

見る場所によってニースの海岸、ニースの港、ニース市内が見渡せ、全く異なる3つの景色が一度に楽しめます。

この古城跡へ上るには2つの手段があります。

長く続く階段がそれぞれニース海岸側と港側に1つずつあり、そのほかにエレベーターもあります。

エレベーターは海岸側にある階段の裏側にひっそりとあり、2つの階段は海岸側・港側と真逆の位置にあります。観光ルートによって登りやすい方からどうぞ。

個人的には見つけやすくて利便性が高い、海岸側から上るのがおすすめです。

階段からはニースの海岸が見えたままなので、素晴らしい景色を見ながら疲れた足を奮い立たせながら上り切ってくださいね。

頑張って上り切った先には大きな公園と小さなバーがあります。時間に余裕があればここで一休みするのもいいですよ!

この古城跡もニース観光では絶対に外せない場所です。

ニース短時間観光で絶対にしたいこと ③旧市街

スポンサーリンク

ニースの旧市街は込み合っていて迷路のようになっています。

何百というお店やレストランが所狭しとひしめきあい、一度通っただけでは道順を思い出せないほど複雑です。

何百は言い過ぎかもしれませんがそのくらいたくさんのお店が並び、バラエティ豊か。現地ニースっ子の日常生活や食卓を支えていたりもします。

  • チーズ屋さん
  • フレッシュパスタ屋さん
  • 限定チョコレート屋さん
  • スイーツ屋さん
  • デリショップ
  • お土産屋さん
  • 雑貨屋さん
  • 生地屋さん
  • 洋服屋さん
  • 靴屋さん
  • レザー屋さん

などなど。

ここにプラスして、カフェ・バー・レストラン・ジェラート屋さんなどが加わります。

そして、日曜日以外は毎日フラワーマーケットと呼ばれる市場が現れます。

朝8時~13時まで大賑わい。現地ニースっ子の食卓を彩る食材・お花・お土産などが立ち並ぶ、ニース市民の台所といえる場所です。

ニース短時間観光の黄金コースはこれ!

ご紹介した「ニース観光で絶対外せない3つのこと」を総合して黄金コースを作るとこうなります。

仮に、朝10:00~ランチ後14:30までの4時間半だとすると、、

  • 10:00 ニース駅
    徒歩移動(25分)
    市内メイン通りでウィンドウショッピングを味わいながら

  • 10:25 ニース海岸

    所要時間(20分)
    写真を撮ったり石浜に降りてゆっくり海を眺めたり

  • 10:45 移動開始
    移動時間(15分)
    ニース海岸をそのまま歩き階段(海岸側)で頂上まで上る
    視界が開けているので写真を撮りながら

  • 11:00 古城跡

    所要時間(40分)
    頂上まで上る
    写真スポット3つ(海岸・港・市内)を制覇

  • 11:40 移動開始
    移動時間(10分)
    来た道の階段を下りて旧市街へ

  • 11:50 旧市街散策

    所要時間(40分)
    フラワーマーケットで買い物したりお土産見たり
    美味しいチョコレート屋さんでつまみ食いしたり
    旧市街をあてもなく歩いてみたり
    目当てのお土産探しに夢中になったり

  • 12:30 ランチ
     
    所要時間 1時間半~2時間
    フランスの食事は前菜・メイン・デザートの構成
    込み合ってる時間は食事終了まで2時間かかることも!
    旧市街はレストランがたくさんあるので選択肢豊富

  • 14:00~14:30 ランチ終了
  • 14:30 ニース短時間観光終了

といった感じでしょうか。これでぴったり4時間半です。

お土産とおやつに、ニース限定の高級チョコレート屋さんもどうぞ!

【在住者おすすめ】南仏ニースの高級チョコレート店4選。お店を使い分ける理由と一...
ニース在住者が強くお薦めしたい高級チョコレート4店をご紹介します。「〇〇ならこのお店!」と、目的によってお店を使い分けているその理由と一押しを、チョコレート好...

短時間でもニース観光は大満喫できる!

この短時間観光プランは、実際にわたしが使ったスケジュールです。

日本から来た友人はニース滞在が6時間。

これには到着から市内までの移動、市内から空港までの移動時間を含んでいるので、実質使える自由時間は5時間弱でした。

この5時間の中でランチを2時間半費やしたので(積もる話が多くて・・・)、市内を散策できたのはたった2時間半。

この少ない時間でニースの魅力を存分に味わってもらうため、まさに上に書いたようなスケジュールで観光をこなしました。

他にももっといろんなところに連れて行ってあげたかったけれど、時間がなくて断念。それでも友人たちは大・大・大満足でニースを後にしました。

ニースの魅力を大凝縮した短時間観光でも、十分伝わってくれたかな?と思っています。

もし時間に余裕があるなら、新市街や美術館、近隣の町や近郊の村などへも足を伸ばしてみてください。

ニースの魅力にハマるだけでなく、近郊の村へも恋に落ちるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

この記事を書いている人

mika
mika
本拠地スペイン、時々フランス。
現在は南仏・コートダジュール地方に滞在。

スペイン&フランスから海外移住・海外生活・国際恋愛・旅行・仕事・起業のことを発信してます。世界中で撮った写真を使ってのエッセイも執筆中。
→ 詳しいプロフィールはこちらへ
→ Line@はじめました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう