ここ数年で本当にたくさんの日本食レストランが増えました。

日本人が経営&シェフをしている本格派なところもあれば、チェーン展開しているこ洒落たお店もあったり、何にでも照り焼きソースをかけて調理しただけの料理を「日本食」と堂々と謳っているようなお店までさまざまです。

フランスは地中海沿いの都市、ニース市内にある居酒屋「Maïdo」は、日本人経営&シェフの正統和食でありながら家庭料理が味わえる、定食屋さんのようなお店です。

maido 1

値段設定が高めな日本食レストランが多い中、このお店は良心的な値段設定でランチメニューは12ユーロから。(前菜とメインのみ、カフェやデザートは含まれていません)

maido 2

前菜は4種類の盛り合わせで、メインは5種類の中から選べます。

追加で3ユーロ上乗せされますが、その日はちらしずしを選びました。
お店でさばいているのか、お魚がフレッシュで新鮮です。

maido 3

スポンサーリンク

maido 4

こちらは追加で頼んだデザート2種。

左がほうじ茶のパンナコッタで、右が抹茶のホワイトチョコレートパフェ。
濃厚な味と繊細さがまさに日本のデザート。とても美味しくいただきました。

maido 5

ドリンク2人分、メイン料理の追加金2人分、デザート2つを頼んで、合計48ユーロ。
1人24ユーロでこのクオリティなら悪くありません。

私たち日本人にとっては現地にある高価な日本食レストランよりも、家庭料理の味わえる定食屋さんの方が懐かしさに浸れて魅力的だったりしますよね。

このお店はそんな「ほっこり感」の味わえるお店です。

 

Izakaya Maïdo(まいど)

29, Rue Tonduti de l’Escarène, Nice, France

この情報は2016年1月時点のものです。


 

スポンサーリンク

この記事を書いている人

mika
mika
本拠地スペイン、時々フランス。
現在は南仏・コートダジュール地方に滞在。

スペイン&フランスから海外移住・海外生活・国際恋愛・旅行・仕事・起業のことを発信してます。世界中で撮った写真を使ってのエッセイも執筆中。
→ 詳しいプロフィールはこちらへ
→ Line@はじめました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう