フランスの軽食と言えば、食事にもスイーツにもなるクレープ!

ハムやチーズなど色んなトッピングで選べてそば粉を生地に使うお食事系のガレットと、チョコやクリームなどをはじめとしたスイーツ系クレープの2タイプがあって、軽い食事にもカフェタイムのスイーツとしても使えます。

私も好きでよく食べたくなりますがいつも行くお店は決まってて、ニース旧市街にあるこのお店がイチ押しです。

ニースで美味しいクレープ・ガレットが食べられるのはここ!

こちらが注文したガレット。

手前の方はベシャメルソースとマッシュルーム&ベーコンにヤギのチーズのスペシャルトマトソース添え。奥の方はシンプルメニューで、生ハム&タマゴにヤギのチーズです。

ニースで美味しいクレープ・ガレットが食べられるのはここ!

スポンサーリンク

そして、ガレットと言えば「Cidre」(シードル)が定番。
カフェカップのような器で頂きます。

シードルとは、リンゴが原料のお酒でビールがリンゴで作られたような感じです。

スペインにもシードル(スペイン語ではシードラ)はありますが、フランス産は甘めなものが多い印象です。ビールが苦手でお酒が弱い私でも、このシードラはゴクゴク飲めて危険です。

アルコール度数も少ないので、ワインと違って酔いが回り過ぎる心配も少ないです。ビールは苦手でもワインほど強くないお酒が飲みたい時には、口当たりが良くフルーティーなのでいいですよ。

ガレットを頂く際はシードラもぜひ一緒に!

  

Creperie Debin Ur Begad

7 Rue du Pont Vieux, 06300 Nice, France

この情報は2016年1月時点のものです。


 

スポンサーリンク

この記事を書いている人

mika
mika
本拠地スペイン・時々フランス。現在は南仏・地中海に滞在中。
海外生活を味わってもらったり、旅してる気分になってもらえたり、海外で生きるヒントが伝わるようなブログを目指してます。
→ 詳しいプロフィールはこちらへ
→ Line@はじめました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう