ベルギー発祥の「Moule frites」(ムール&フリット)は、本国ベルギーだけでなく隣国のオランダやフランスをはじめ、ヨーロッパ各国でも人気のある定番料理です。

ニース旧市街のコルサレーヤ広場「Le cours Saleya」に面するレストラン「Festival de la Moule」(フェスティバル・デ・ラ・ムール)では、色んな味のソースがあり、お代わり自由の珍しいお店です。

ムールに必ずついてくるフリット

しかもお値段は良心的。(1人15ユーロほど)

若干疑っていた私たちですが、本当にお替わりができてしまいました。

スポンサーリンク

お皿を平らげた後は何回も、味を変えてお替わりができて多種多様のソースを試すことができます。

オーソドックスなプレーン味、メキシカン・サルサ味、フィッシュ・スープ味、カレースープ味などなど、変わり種ソースもありました。

ニース旧市街にあるこのレストランは、観光客向けでもありますが地元の人も結構来ているところを見ると、地元ニースっ子からも人気があるようです。

やっぱり、プリプリのムール貝には揚げたてのフリットが合います。

 

Festival de la Moule

20 Cours Saleya, Nice, France
(ニース旧市街のコルサレーヤ広場に面しています)

 この情報は2014年3月時点のものです。


 

スポンサーリンク

この記事を書いている人

mika
mika
本拠地スペイン・時々フランス。現在は南仏・地中海に滞在中。
海外生活を味わってもらったり、旅してる気分になってもらえたり、海外で生きるヒントが伝わるようなブログを目指してます。
→ 詳しいプロフィールはこちらへ
→ Line@はじめました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう