ロンドン中心部「Piccadilly Circus」(ピカデリー・サーカス)駅すぐの、
St James’s Piccadilly」(ジェームス・ピカデリー教会)。

ピカデリーサーカス駅から高級デリショップ「Fortnum & Mason」(フォートゥナム・メイソン)へ向かう途中にあり、ここで「国際フードマーケット」が開催されていました。

ロンドン中心地の教会 St James's Piccadillyで開催されていたフードマーケット

開催中のマーケットをのぞいて見ると、ランチを買いに来た人が並び始めたところです。

様々な国のグルメが集結していて、スペインからはパエーリャ、ドイツからはフランクフルトのサンドイッチ、ギリシャからはフェタチーズが使われたサラダ、アルゼンチンからは厚切りジューシーなお肉など、地域も料理も多種多様です。

ロンドン中心地の教会で見つけたフードマーケット

そんな中、目についたのがこちら。
日本のたこ焼き。

フードマーケットで出店していた日本のたこ焼き

オシャレなデコレーションで一瞬何のお店か気付かなかったんですが、日本食をこよなく愛する夫が目ざとく見つけました。

寒いし小腹も減っているし・・・で、アツアツの出来立てを1皿。

この日のロンドンは極寒。当シーズン一番の冷え込みとかで、最高気温1℃。
3分歩いただけで心身が冷え切るという寒さの中、このアツアツたこ焼きに救われました。

スポンサーリンク

イギリスでウケてるたこ焼きメニュー

たこ焼きは全部で3種類。

「タコ」、「チーズ」、「エビ」の中から選べ、さらにトッピングのマヨネーズも「ジャパニーズマヨ」、「テリヤキ」、「ワサビ」の3種類から選べるようになっています。

そして、たこ焼き以外のメニューもあり、ジャパニーズカリーが5種類。

「ゴルゴンゾーラ・ミックスカツ」、「ダブルチキンカツ」、「チキンカツ」、「エビカツ」、「ベジタブル」と、簡易出店にしては品揃えが良くてびっくりです。個人的にはゴルゴンゾーラ・ミックスカツが気になりますね。

外国人のお客さんウケは結構いいようで、たくさんの人が列を作っていました。

たこ焼きの人気が高く、私達と同様にその場でアツアツをハフハフしながら食している人が多かったです。

フードマーケットで出店していた日本のたこ焼きメニュー

私たちはたまたま通りかかっただけでしたが、もしかしたら特定の曜日だけ開催している定期的なフードマーケットなのかもしれません。

 

St James’s Piccadilly

197 Picadilly, London W1J 9LL, United Kingdom

 この情報は2015年1月時点のものです。  


 

スポンサーリンク

この記事を書いている人

mika
mika
本拠地スペイン・時々フランス。現在は南仏・地中海に滞在中。
海外生活を味わってもらったり、旅してる気分になってもらえたり、海外で生きるヒントが伝わるようなブログを目指してます。
→ 詳しいプロフィールはこちらへ
→ Line@はじめました!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう